TOPスポンサー広告羊水検査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP4ヶ月(12w~15w)羊水検査

羊水検査

2007年5月21日(月) 15w0d

金曜日の健診のとき、先生に聞かれた羊水検査。
出産のときの私の年齢は36歳。
いつか話があるのかな?と思いつつ、あまり深く考えてなく旦那さんとも話したことがない状態でした。
漠然と「しなくていいかなぁ」という気持ちがあったので、
「あまり考えていません。」と答えました。

その後、先生からの説明
・羊水検査でダウン症かどうかがわかる
・検査ができる期間が限られている(15週~20週?)
・出産時の年齢36歳のダウン症である可能性は1/200
・羊水検査のリスクとして流産の可能性が1/200~1/500
・費用は8万くらい

もう少しいろいろお話したけれど、大まかにはこんな感じです。
旦那さんの意見も聞いて2人で決めないといけないことなので
「主人と相談します」と返事をしました。

検診が終わって、旦那さんに電話。
「羊水検査、どうします?って聞かれた」
「それ何?」
「ダウン症かどうかがわかるの。私の年齢だったらダウン症の可能性は1/200。」
「さほはどう?」
「ん~、しなくてもいいかなぁって思うけど」
「じゃ、しなくていいか」
「もし、ダウン症だったら早めにわかってたほうがいい?」
「ん~。そうやねぇ。検査しなかったらいつわかるの?」
「生まれてから。1ヶ月健診とかでわかるのかなぁ(曖昧。。。)」
「準備するものとか考えたら、早くわかってたほうがいいかなぁ」
「あと、費用は8万くらいで、検査をするリスクとして流産の可能性が1/200~1/500だって」
「1/200の可能性の事を調べるのに、同じ1/200のリスクを犯す必要はないね」
「じゃ、受けなくていっか」

ひとまず受けない方向で話はまとまりました。
実は、私にはもう1つ確認しておきたいことがありました。
でもそれは電話ではなくて、ちゃんと顔を見て話をしたかったからこのときは言いませんでした。

確認しておきたいこととは・・・


もし、ダウン症だとわかったら
『産まない』という選択肢が出てくるのか


私は前職でダウン症の子どもや親御さんと関わることがありました。
悩みながら、でも子どもを愛しながら育てている親御さんの姿。
正直、私にできるかなという不安もあります。
でも、初めてエコーで赤ちゃんの姿を見たときの、初めて心音を聞いたときの感動を思い出すと、『産まない』という選択肢は私の中にはありません。
旦那さんも同じ気持ちでありますように。

金曜日の夜、なかなか言い出せずにそのまま就寝。
土曜日、朝食を食べたあとパソコンに向かう旦那さん。
その後ろで寝っころがっている私。
いつ聞こうかなぁ。今がいいよなぁ。そんなことを考えながら旦那さんの背中を見ていると
「どうした?」
す、するどい。。。。
「ううん・・・。」と言いながらも、今だぁ~!と思って
「あのね。もし、ダウン症って事前にわかったら『産まない』っていう選択肢が出てくる?」
「ううん。」
即答してくれました。
「どうしたん。不安やったん?」
「うん。」
「さほは?」
「ううん。」
「うん^^」
「だったら羊水検査する必要ない」

電話でもしないって事になっていたんだけど、これでもう何も悩むことはない。
「もし・・・」を考えるといろんな可能性が出てくるけれど、私たちのかわいい赤ちゃん。
精一杯愛して、赤ちゃんと一緒に私たちも成長していきたいです。


↓愛しの赤ちゃんに、クリック!
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

ランキング

banner_02.gif

スポンサーサイト

カテゴリ:4ヶ月(12w~15w)
テーマ:妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル:結婚・家庭生活
Back | Top Page | Next
Comments
2007/05/21
from まこぽこ
#- URL
すごく重いテーマですね(><)
次回、私も聞かれるのかな?
でも、さほさん夫婦が出した結論は間違ってないと思います^^
「初めてエコーで赤ちゃんの姿を見たときの、初めて心音を聞いたときの感動を思い出すと、『産まない』という選択肢は私の中にはありません。 」という言葉に胸にぐっときました!
2007/05/22
from pikora
#Nga4vsSc URL
初めてコメントします。pikoraと申します。
前から時々読ませていただいていました。

この件、私もすごーく悩みました。さほさんのお気持ち、分かるような気がして
コメントしたくなりました。。。
私も10月出産予定、今週にさほさんと同い年になります。
私も羊水検査は受けませんでした。
結局、病院側からも特に説明はありませんでした… 自ら言い出さないと
いけなかったのかもしれませんが、受けないと決めていたのでそのまま
にしました。
私も、結論も考え方もさほさんと同じです。
でも2人の子供なんだから私の考えだけで決めていいものか、ダンナくんにも
きちんと話して意見を聞かなくちゃ、とそっちの方が気がかりでした。
でもなかなか言い出せなくて。
…やっと話すことができて(ダンナくんはやっぱり羊水検査のことは全く知りませんでした)
私と同じ気持ちだと分かった時は安心して涙が出ましたよ~~

そんなことを思い出しました。

いろんな意見があるだろうし、あってよいことだと思うけれど…
今の私にも『産まない』という選択肢はありません。
お互い、何があっても受け止められるよう強く生きていきたいですね。

またお邪魔しますね♪


2007/05/22
from さほ
#tl.z6klY URL
◆まこぽこさん
重たいテーマですよね。。。
今回、2人が同じ考えだっていうことが確認できてよかったです。
まこぽこさんも周期が近いから、もしかしたら次の健診で話があるかもしれませんね。
病院によっては、ないところもあるようですが。
そのときは旦那さんとしっかり話し合ってくださいね。

◆pikoraさん
コメントありがとうございます。
時々遊びに来てくれていたんですね。
つたない文章に付き合ってくださって、ありがとです^^
私も旦那さんがどう思っているのか、どう考えるかが気になってました。
聞いたとき「ううん」と即答してくれたときは、本当にうれしかったです。ホッとして涙がでました。
母は強し!っていうけれど、こういうことを経験しながら、1つひとつ強くなっていくのかもしれませんね。
また、遊びに来てください。
私も遊びに行きます^^
2007/05/22
from まさじゅ
#- URL
私は、36歳で初産です。羊水検査の話しは友達から、話しを聞いていたので、考えさせられます。健康で、産まれ来て欲しいのは、誰でもそうだと思いますが、その反面ダウン症などの、不安も消えません。私は、五週しかたって、いないので心拍の確認が先なのですが、この先いろいろな事があるんだと思い、先輩の妊婦さんのブログを、読ましていただいています。また、おじゃまします。
2007/05/22
from まさじゅ
#- URL
私は、36歳で初産です。羊水検査の話しは友達から、話しを聞いていたので、考えさせられます。健康で、産まれ来て欲しいのは、誰でもそうだと思いますが、その反面ダウン症などの、不安も消えません。私は、五週しかたって、いないので心拍の確認が先なのですが、この先いろいろな事があるんだと思い、先輩の妊婦さんのブログを、読ましていただいています。また、おじゃまします。
2007/05/22
from まさじゅ
#- URL
私は、36歳で初産です。羊水検査の話しは友達から、話しを聞いていたので、考えさせられます。健康で、産まれ来て欲しいのは、誰でもそうだと思いますが、その反面ダウン症などの、不安も消えません。私は、五週しかたって、いないので心拍の確認が先なのですが、この先いろいろな事があるんだと思い、先輩の妊婦さんのブログを、読ましていただいています。また、おじゃまします。
2007/05/22
from まさじゅ
#- URL
なかなか、投稿できなくて同じ内容で三回掲載されまして、すいません。
2007/05/22
from nono
#- URL
以前もコメントさせていただいたnonoです。

私もとても考えさせられました。
さほさんと同じように36歳で出産します。
なのでこの件は楽観的に考えられないでいます。
でも、私もさほさんご夫婦と一緒です。
与えられた命には私たち夫婦が思っている以上の存在価値と、希望があるんだと思うのです。

強くならなくては、と思います。


2007/05/23
from さほ
#tl.z6klY URL
◆まさじゅさん
コメントありがとうございます^^
36歳で初産、おなじですね。
不安なことを考えたらキリがありませんよね。
何もかもが初めてのことだから、ちょっとしたことでも考えすぎたり。。。
何があっても旦那さんと2人でがんばっていこうと思います。
心拍、早く確認できるといいですね^^

◆nonoさん
与えられた命の存在価値と希望。
本当にそうですよね。
私たち夫婦のところに来てくれた大切な命。
いろいろな可能性を秘めた大切な命。
妊娠がわかったときの感動を忘れずに、赤ちゃんと一緒に母として成長して行きたいです。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。